ボルテックスジェネレータ-身近に応用されている流体力学-

ボルテックスジェネレータとは?

ボルテックスジェネレータとは、空気の流れの境界剥離(空気が翼などの構造体から、離れること)を防ぐために意図的に、乱流状態にするために翼などに設置されている突起物のことである。これにより翼面では常時、乱流境界層に保たれる。

境界層剥離は失速の原因になるため、航空機の翼設計において重要な現象である。

乱流境界層におけるエネルギー輸送

 



スポンサードリンク

実用例

ここでは、趣旨からずれるので理論的な背景については述べず、実用例を紹介していきたいと思います。

ボルテックスジェネレーターの例1(引用元:http://sigma-speed.co.jp/mt/shop/shosai.php?keyno=1289026737)
ボルテックスジェネレーターの例2(引用元:http://minkara.carview.co.jp/userid/1862389/car/1388071/2429484/2/note.aspx)
ボルテックスジェネレーターの例3(引用元:https://japaneseclass.jp/trends/about/ボルテックスジェネレーター)

以上、ボルテックスジェネレータについて紹介しました。このように学術知識が、日常に応用されている例を探してみるのもオススメします。

参考文献:
伊藤 英覚、本田 睦(2013)『流体力学』 丸善出版



スポンサードリンク

記事が役に立ったらシェア!

投稿者:

中村 俊

中村 俊

1993/09/04生まれ。機械系大学院を休学し、ベンチャーでインターンしている最中。直近では、デカルトの「方法序説」に感銘を受けた。 趣味:読書、web開発の勉強、異分野の論文読んだり、記事書いたり。 最終的には経営者か研究者になりたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA