南野拓実-A代表で活躍するその日まで-



スポンサードリンク

今回は、将来の代表エース「南野拓実」選手について書こうと思います。

今回のアジア最終予選に呼ばれなかったので少し残念ですが、そのうち呼ばれるでしょう。

これが今シーズンのパーフォーマンスです。

今シーズンは11ゴール2アシストと決して悪い成績ではないですが、ハリル監督は何が気に食わなかったのでしょう?得点ランキングも良い位置にいますし。

正直、日本のフォーワードの過剰状態なのかもしれません。

今回呼ばれたメンバーもFWは全員海外リーグの選手ですし。以下に載せときます。

岡崎慎司 レスター
本田圭佑 ACミラン
原口元気 ヘルタ
大迫勇也 ケルン
乾貴士 エイバル
久保裕也 ヘント
浅野拓磨 シュツットガルト

 

プレーを見る限り、オーストリアリーグでは良いパフォーマンスを見せているようです。正直これだけのパフォーマンスで代表に呼ばれないのなら、理由は一つ。

オーストリアリーグのレベルでしょうか。

ハリル監督はそこを加味しているのかもしれません。実際南野が所属しているレッドブルザルツブルグは、オーストリアの国内リーグでは首位ですが、チャンピオンズリーグ本戦には出れていません。

今シーズンも予選敗退しています。確かに、それならブンデスリーガの中堅で結果を残している原口や、リーガの中堅の乾とかを使うかもしれません。

しかしレベルの低いリーグだからと言って、完全に希望がないわけではありません。実際、ベルギーリーグの久保は南野の倍くらいのペースでゴールを量産して、代表入りしてますしね。

 

それでも、浅野や乾を呼ぶよりも、長期的なことを考えれば、今シーズンコンスタントに活躍していた、南野をぜひ使って欲しい気持ちもあります。

まだ、22歳なので焦るなと言うことなのかもしれません。

南野拓実の経歴

生年月日 1995年1月16日(22歳)
出身地 大阪府泉佐野市
身長 174cm
体重 67kg
クラブ 出場 (得点)
2012-2014 日本の旗 セレッソ大阪 62 (7)
2015- オーストリアの旗 レッドブル・ザルツブルク 66 (24)

 

レッドブルザルツブルグのユニフォーム
セレッソ時代の南野

そしてA代表初選出は20歳の時です。本田も20の時にA代表初選出です。かなりエリートコースですね。


スポンサードリンク

レッドブル・ザルツブルグ

創設年 1933年
所属リーグ オーストリア・ブンデスリーガ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン ザルツブルク
ホームスタジアム レッドブル・アレーナ
収容人数 30.188

ここ4シーズンは国内リーグでは優勝しているようです。

ヨーロッパリーグでは昨年は、グループステージ敗退し本戦に進んでいないようです

チャンピオンズリーグも、予選で敗退し、本戦には進んでいません。

UEFAの国別リーグランキングを見ると、オーストリアは15位のようです。

このリーグランキングは簡単に言うと、調子の良いリーグランキングですかね。

一位はリーガエスパニョーラ、2位はブンデスリーガ、3位はプレミア、4位はセリア、5位がリーグ・アン…といった具合です。

南野拓実の今後

一つ見て欲しい動画があります。

ゴン中山とのインタビューのところに注目して欲しいです。

特に印象に残ったのは、自分のステージを世界の同年代のスターと同じところに置いているんですよね。

ポグバ、ヴァラン、ディーニュ、マルシャル、コマンなんと全員が20歳前後でなおかつ、イングランドとの試合で全員出ていた選手です。

南野はこのインタビューの中で、ビッククラブでスタメン取ってれば、若さとか関係ない。使われる。自分はまだ若さで選ばれてるところもある。と。

そして、焦りを口にしています。「世界(世界の同年代)は速い」と。

なんともプロ意識の高い人だと感動したことか。

正直、自分のステージを(比較するひとを)上げると言う行為は、向上心が強く、結果を残し、トップに上り詰める人たちがよくやることです。

これは、業界関係なく当てはまることだと思います。エリートサラリーマン、経営者、起業家。

皆、そういう人たちは若い頃に、自分のステージをあげて、常に向上することを考えていた人たちです。

正直、香川や本田とかのインタビューを見てもあまり、他の選手と自分を率直に比較して意見を述べているシーンが見られないので、今回の南野選手のこの言葉はすごく印象に残っています。

確かに本田が「クリロナなんてチャンピオンズリーグであんなに点取れてるのに、俺は点が取れていない」、とかあんまし言わないですよね。

比較しなくてもわかるわ!って感じなのでしょうが、それでも、他の選手と比較し、今の現状を受け入れ、それを隠すことなしに、TVの前でも伝える南野選手は素晴らしいです。

こんだけ向上意欲があるなら、今はじっくり待って上げるべきかもしれません。

そして、移籍もオーストリアリーグで活躍すればそのうちすると思いますが、次で3シーズン目なので、おそらくもう1シーズンはここに残るでしょう。

そうすれば三年になりますし、クラブも契約延長か移籍かで、移籍の流れになるのではないでしょうか?

もちろん来シーズンも今シーズンばりに活躍すればの話ですが。


スポンサードリンク

記事が役に立ったらシェア!

投稿者:

中村 俊

中村 俊

1993/09/04生まれ。機械系大学院を休学し、ベンチャーでインターンしている最中。直近では、デカルトの「方法序説」に感銘を受けた。 趣味:読書、web開発の勉強、異分野の論文読んだり、記事書いたり。 最終的には経営者か研究者になりたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA