イーロンマスクの思想が「アレ」な件について。



スポンサードリンク

イーロンマスクについて書きたいと思います。個人的に好きなのと、また何やらすごいことを考えているので。

まずは最近のTEDでのクリスアンダーソンとの対話

全部で40分あるので、かいつまんで話したいと思います。

ロサンゼルスの地下に巨大なトンネル掘りまくってるらしい

まずはこちらの動画。

交通渋滞の緩和政策として、地下に道路を作ろうとしているらしい。

しかも。地下なら、ドローンとか、飛行物体からの落下物を気にしなくてもいいとか言ってます笑

それに、トンネル直径の3つか4つ分の地下に作れば、地上の人は振動とか音に気がつかないそうです。

何でも、土の吸音声は優れているんだとか(イーロンは何でも知ってますね笑)

ハイパーループはどうした?

クリスアンダーソンは質問します。

「ハイパーループを地下でもやろうとしてるのかい?」と。

イーロンは答えます。

「一種の趣味だよ。もともと学生のコンペの延長だよ」的なことを言っています。

趣味の一環で巨大事業をやってしまう感覚はイカれてますが、その行動力に驚かされます。

そして、このロサンゼルスのトンネル切削事業に費やしている時間は、2から3パーセントらしいです。

残りの97パーで何やってるんだよって感じですが、自分の時間のたった2から3パーセントでこんな事業をやってしまうなんて、ぶっ飛んでますね。

世の中には、一つの会社、一つの事業を回すだけでも、身を削っている経営者、起業家はいるというのに。

ついでにハイパーループは次世代高速交通システムです。パイプの中に人間入れて、減圧の原理(ストローで人間が吸う→ストロー内の圧力が減圧→水が押されてストロー内を進む。に近い)を使って高速で人間運ぼうぜってやつ。




スポンサードリンク

2017年末には完全自動運転が可能になる

テスラではカメラとGPSだけで、自動運転を可能にしているのですが、すでにカメラだけでも人間が運転するよりも10倍安全だと言っています。

詳しくここでは述べていませんが、GPSの位置情報をしようせずとも、カメラの画像だけでも、ということでしょう。

イケメンなトラックを販売しようとしているらしい

詳細は公表されていませんが、近未来的なようです。トランスフォームしてくれないかと期待している。

いやイーロンなら変形する車とかも作りかねない笑。

しかも電気自動車なので、スポーツカーみたいな乗りごごちだとイーロンさんもべた褒め。

普通自動車は、回転量に対するトルクのグラフが山型になると言っていますが、電気自動車は平坦なグラフになるのだとか。

ついでに以前にトルクとか回転量については記事に書いたので、きになる人はぜひ。

>>>「トルクと馬力の違い」

ギガファクトリー

アメリカのネバダ州の荒野のど真ん中にあるどでかい工場。テスラの自動車に積む、リチウムイオンバッテリーの生産拠点として作られました。

すでに稼働はしておりますが、完成はしていません。最終的にはペンタゴン(国防総省)の3倍の大きさになるそうです。

日本ではパナソニックが投資していることでも有名です。あまり知られてませんが、テスラのバッテリーはパナソニックの電池セルを用いています。

テスラに投資とは、かなり良い経営判断でしょう。さすが津賀さん。

また名前が『ギガファクトリー』って。そのまんま笑

直訳では「超巨大工場」。日本でやったら、絶対に固有名詞にはならないでしょうね。

 

SpaceX

あとはイーロンといえばこれですね。

再利用ロケットの研究、開発、製造、利用まで全てを自社でやっている、『SpaceX』.

すでに再利用ロケットの発車は8回か9回成功しているみたいです。

以下は、宇宙でのミッションが終わり地球に帰還するところ。

彼の事業を見届けられるっていうのが、嬉しいですね。ここに至るまで、相当な苦労はしたいみたいですが、くじけずにやり抜くメンタルが素晴らしい。

 

そこらへんのイーロンの考え方もTEDの方で答えてますね(36分辺りから)。

技術は自然進歩するものではなく、熱意ある人が根気よく改善することで、進歩するのだと。

宇宙輸送技術が1969年人類が月に行って以来、下降していることをその観点で述べています。


スポンサードリンク

最後に

「未来に悲観的にならずに、未来に希望を持てるような世界ではなくてはならない。朝起きて、生きたいと思う、理由がなければならない。」

イーロンマスクは、ここ2年くらいの僕の行動原理を作ってくれた人です。

いまや多くの経営者や起業家が憧れる存在です。

みなさんにもイーロンの素晴らしさを共感してもらえたらと思います。

最後に気に入ったとこのスクリプトを載せます。

CA: Why, Elon? Why do we need to build a city on Mars with a million people on it in your lifetime, which I think is kind of what you’ve said you’d love to do?

EM: I think it’s important to have a future that is inspiring and appealing. I just think there have to be reasons that you get up in the morning and you want to live. Like, why do you want to live? What’s the point? What inspires you? What do you love about the future? And if we’re not out there, if the future does not include being out there among the stars and being a multiplanet species, I find that it’s incredibly depressing if that’s not the future that we’re going to have.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事が役に立ったらシェア!

投稿者:

中村 俊

中村 俊

1993/09/04生まれ。機械系大学院を休学し、ベンチャーでインターンしている最中。直近では、デカルトの「方法序説」に感銘を受けた。 趣味:読書、web開発の勉強、異分野の論文読んだり、記事書いたり。 最終的には経営者か研究者になりたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA