wordpressにsvgファイルをアップロードできるなんておじさん知らなかったよ…



スポンサードリンク

先ほど、svgファイルをwordpressにあげる方法を習得しましたので、書きたいと思います。

SVGファイルとは?

svgファイルとはベクター形式の画像ファイルのことです。epsファイルとの違いはよくわかりませんが、ベクター形式という意味では同じです。

このベクター形式の画像の最大の特徴は、画像を拡大、縮小しても粗くならないことです。

パワポやキーノートで図を作り、サイズ調整のため拡大したりすると、粗くなってしまうと思います。あれを起こすことなく編集できるのがこのベクター形式の画像の最大の特徴です。

なので作った図を人に見せる、見られるということを意識している職業の方(大学教員や研究職の方)なんかは、論文や講義資料の図をsvgやepsで作っている方は多いものです。彼らの図がなんか綺麗に見えるのはまさにこれのおかげです。



スポンサードリンク

svgやeps画像はパワポやキーノートで作成することはできず、ベクター形式に対応しているソフトが必要です。

近年ではイラストレーター(有料)やインクスケープ、Xfig(無料)が流行っていますね(ついでにこのサイトの画像は全てインクスケープで作ってます笑)。

ベクター形式は、そのつど画像を線や面のように図形で表し、数式で描いています。なので、表示性能はcpuの性能に左右されます。

pngやjpeg はラスター形式と呼ばれていて、画像を全てミクロな四角形で構成しています。ものすごく拡大していくと、ギザギザになるのはそのためです。表示性能はビデオメモリとハードディスクのスピードに依存します。

 



スポンサードリンク

以下に例を示します。左がsvg、右がおなじみのpng形式の画像。

拡大していくと

 

少しは有用性がわかってもらえたところで、本題に入ります。

プラグインをインストールするだけ。

と言ってもプラグインをインストールするだけのようです。

自分は、「Add Full SVG Support」というプラグインを使っています。設定は特に必要なく、インストール→メディアにファイルをドラッグアンドドロップで、普通に認識されます。

ただインクスケープでsvgを保存するとなぜか周辺の余白も一緒に保存してしまい、うまく画像だけの保存ができません。

svgの方が綺麗なのでなんとかこの問題も解決し、このサイトの画像をsvgに変更していきたいです。

記事が役に立ったらシェア!

投稿者:

中村 俊

中村 俊

1993/09/04生まれ。機械系大学院を休学し、ベンチャーでインターンしている最中。直近では、デカルトの「方法序説」に感銘を受けた。 趣味:読書、web開発の勉強、異分野の論文読んだり、記事書いたり。 最終的には経営者か研究者になりたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA