スタートアップでインターンするために大学院休学したけど…



スポンサードリンク

現在自分は機械系(系というか専攻)の大学院を休学中なのですが、思ったことがあるので、これから休学して「何か新しいこと挑戦してみよう」と考えている方の参考になればと思います。

休学した理由

いくつかあるので、軽く説明していきます

  • 能動的なタスクしかない環境に身を置きたかった

学生やっていると、ある程度強制的にやらされることばっかりじゃないですか?

で多分これからの人生、就職してからもきっと「お金もらってるからとか、出世したいから」とかの理由である程度すストレスがかかった状態で何気なく日々が過ぎていくのだと思うと、就職するまえに、一度強制的な(課題とか研究とかバイトとか)動機がない状態、すなわち100%能動的な環境に身を置いてゆっくりこれからについて考えたかった。

  • 自分のしてみたい勉強がやりたかった

プログラミングに手を出したかったのですが、研究とか就活とかバイトとかやってたら、できませんでしたので。

  • 就活する前に働くとはどういうことか、経験したかった。

短期ではなおさらこれは意味がないと判断しました。日本のものつくりの大手メーカー(自動車、重電、素材、鉄鋼、機械、家電)とかは長期のインターンなどやってないので笑

あれば休学せずに、参加するのですがね。

  • 失恋笑

なんとなく察して欲しいですが、こういうことあると、自暴自棄になりますよね。

休学して思ったこと

こんなはずじゃなかったというのが一番大きいです。

理由は一つ。休学期間中はつづけるつもりでいた、インターンを一ヶ月でやめたから。

インターンを辞めた理由

やめた理由は、自分の悪口を上司にtwitterで書かれたから。名前は書いてなかったので、特に訴えたりとかはしてないですけど。明らかに僕のことだとわかりました。

自分がミスをしたりするのもいけないが、SNSに部下の悪口を書くような人と仕事したくないなって。しかもその人は社内でもすごく仕事のできる人で、人望も厚い人ですから、なおさら辛かったです。

とても仕事熱心で、ベンチャー精神全開でビジネスマンのお手本のような人でした。そのせいもあって、自分はよく怒られてました。自分が本気でやっていなかったのも原因ですが。

怒られても、自分が決めた進路だからと思って続けましたし、自分は決して悪口を漏らすようなことはしませんでした。部下が上司の悪口をSNSに書くことはあるようですが、それをしたところで自分の成長には繋がりませんしね。

だからこそ、その人の悪口というか自分の欠点が羅列されてるのを発見した時は、これまでの人生で一番といってもいいくらい、大きな傷を負いました。


スポンサードリンク

休学はかなりいい。

現在自分は、自分のやりたい勉強しながらベンチャーのデータエンジニアの応募しては断られを繰り返し、空いた時間に記事を書いて、みたいな生活をしています。

言い返せば、「無所属(ニート)」です。学生もやってないし、働いてもない。

でも焦ってもない。一年間そういう環境に身を置いたけど、やっぱり自分は向いてなかったもありだと思うんです。

今のような状態がいいとは自分でも思いませんが、結果論であって、休学しなければありえない環境ですし。

休学後の進路に影響を与えまいが与えようが関係なしに、人生で一年くらい、完全に自分で選択する期間があってもいいんです。仕事があるから早く起きようとか、課題あるから徹夜しなきゃとか、そういうこと考えないで全て自分で行動選択する期間があってもいいと思います。

そういうのって後からいい思い出になりそうなきがするんですよね。

普通、自分の人生の中でどっかの一年なんて記憶に残らないけど、休学したら「俺は23-24の一年間は休学して、やりたいように生きた」ってそこだけ、鮮明に残るわけじゃないですか。

細かい計画なんてなくてもいい

せっかく一年休学するなら緻密に計画したほうがいいなんて思う方もいると思いますが、私のように予想だにしない経験もあるもんですから。計画したところでというのが私の意見です。

計画通りにことを進めるために、過渡にストレスをかけ、うつ病になったら意味ないですしね笑

やってみてわかることって本当にあるもんです。

だが大変

全ての行動が自分の選択なのですから、どんな結果になろうと言い訳はできず、自分の責任になります。

これは自由と責任のトレードオフでしょう。

休学とは、ストレスから逃げるための進路ではなく、挑戦です。受動的な環境に身を置いている学生とはわけが違います。

どんな状況になろうとその一年間の状況は完全に自分の責任です。これまでにないプレッシャーを感じることもあると思います。ですが、この挑戦した一年が、後の50年,60年に大きく作用すると思えば、自分はやってみる価値はあると思います。

長々書きましたが、何かしらの理由で休学を考えている人たちの助けになれば幸いです。


スポンサードリンク

 

 

記事が役に立ったらシェア!

投稿者:

中村 俊

中村 俊

1993/09/04生まれ。機械系大学院を休学し、ベンチャーでインターンしている最中。直近では、デカルトの「方法序説」に感銘を受けた。 趣味:読書、web開発の勉強、異分野の論文読んだり、記事書いたり。 最終的には経営者か研究者になりたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA