なぜ日本人は大学入ってから勉強しないのか?



疑問に思うことがある。なぜせっかくいい大学入ったのに、サークルやバイトに明け暮れてしまうのか。

 

大学進学率が高くなるにつれ、大学進学そのものが以前と比較して容易なことになりモラトリアムを得るためにいく。そんなところだろうか。

ここで言いたいのは、理系の大学院や医学部の学生とかそういう人のことじゃない。彼らはすでによく勉強しているだろう。あくまで私の周囲の人間から判断するとだが。

 

強制的に勉強するような状態をつければいいのにと思う。自主的な環境だから、しない人が多くなる。課題を多くしたり、講義も予習必須みたいな感じにすれば、卒業するのも大変になるから必死こいてみんな勉強するのでは?と思う。

 

大学卒とは名ばかりのそんな人たちだらけでは、高卒のと何が違うの?ってなるし、せっかく大学に入学したので何かしらの「付加価値」をつけるためにももう少し大学の教育システムを厳格なものにするべきなんじゃないかと思う。

 

確かに大学に入ることによって、人脈が広がり自分の知識も増えるため視野は広がる。自分の人生における選択肢も増えるだろう。

 

しかし、高い金払って早慶マーチだの一般に名門と言われる大学を出ても、勉強が好きで大学行っている人は文系に限っていえば少ないのではないか、そう感じる。

 

もはや今の時代、勉強のためだけの大学ではないが、それならばせめてもの親への償いとして国立にいくという考えができないのがよくわからない。

 

学費は安いし、勉強の環境は揃っている。なのに自分のわがままを通してまで私立にいく。そして勉強するかと思えば、そうではない。

 

やっていることがよくわからない人が多いが、正直せっかく恵まれた環境にいるのだから、その環境を活かせばいいのになと思う。

 

正直大学入って、遊んでバイトするなら自分は大学行かない。親に申し訳ないし、何よりそんなことしてる自分が許せない。

 

話を戻すが、それでのうのうと大学のブランド名を背負ったまま大学を卒業し、そんな人たちが就職する。そしてそんな人たち同士で仕事をし合い、経済を回している。これが事実だ。

 

この事実に文句が言いたいわけではないが、世の中そんなもんかと思ってしまう。大人になってみると「世の中案外汚いんだな」と気づく。

さっき言ったようにそういう(大学時代遊んでばかりの)人たちが大半で、そういう人たちによって社会が回っているのだから。

 

現在朝の5時だが、たまには赤字も何も使ってない、思ったことを書くだけの記事にしてみた笑



 

 

 

 

記事が役に立ったらシェア!

投稿者:

中村 俊

中村 俊

1993/09/04生まれ。機械系大学院を休学し、ベンチャーでインターンしている最中。直近では、デカルトの「方法序説」に感銘を受けた。 趣味:読書、web開発の勉強、異分野の論文読んだり、記事書いたり。 最終的には経営者か研究者になりたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA