自動運転車のハッキング(テスラのイーロンマスク氏も警鐘を鳴らす)、日本におけるセキュリティエンジニア人材不足



 

自動運転やEV社会が到来するにつれて浮上してくる問題の一つですね。自動車のIoT化はこういうデメリットもあります。

 

 

もし運転中にハッキングされたら?(乗っ取られたら?

 

一台な二台ならまだしも、おそらく同時に何台もハッキングされます。サイバー攻撃は人間が物理的に攻撃するわけじゃないので、量が増えたところでハッキング労力はそんな変わらないでしょう。

高速を走っている車が急激に制御不能になり、勝手に走り出す。そんなの事故とかそんなレベルではないですよね。地獄絵図ですよね。マイクロソフトのりんなちゃんとか可愛いかもしれないですけど、もうそんな研究やりたくなくなるような社会現象になりますよね。

 

 

イーロンマスク氏も危惧している

イーロンマスクは人工知能がもたらす危険性についてかなり不安視していますよね。

  • 第三次世界対戦はAI技術の競争が引き金となる
  • AIの軍事利用の研究開発は停止すべき
  • 自動運転車のハッキング

などを危惧しています。これらについてはイーロンマスク氏だけでなく、ビルゲイツやホーキング博士も警鐘を鳴らし続けていますね。

皆IQがずば抜けて高い人たちばかりです。一流の研究者、技術者がいうのですから本当だと思います。

 

>>以前に書いたAIやイーロンマスク氏についての記事(参考程度に)

 

イーロンマスクは当然自動運転車のハッキングを危惧しているわけです。ハッキング対策としてはやはり「セキュリティエンジニア」の人材育成が欠かせないと思います。日本は特にこういう人材が不足していますよね。日本は「ものつくり」では強いですが、ソフトではイスラエル、ロシア、中国、アメリカに負けていると言わざるをえないでしょう。

 

どうやら最初に紹介した記事を書いている「Kaspersky 」というのはロシアの「コンピュータセキュリティ会社」のようです。初めて知りました。設立が1997年なので比較的新しい会社のようです。日本でいうとサイバーエージェントとかと同じくらいの歴史でしょうか。

またロシアか、と少し不安になりました。さらに記事の動画でも紹介されている通りハッキングを担当した人たちは中国人です。この人たちは一体にどこの国の人たちだ?と気になったので

「Keen Security LabのSen Nie」とググったところ以下の記事が出てきました。

 

 

中国とロシアか。やはり日本がここに出てくることはないのかと少し残念な気持ちもあります。

 

世界における日本のセキュリティ技術のポジション

 

世界における日本のセキュリティ企業の立ち位置が知りたくなったので「Cybersecurity 500」というものを調べてみました。よくある企業ランキングとか、世界のブランドランキングとかと同じようなもんだと思います。それのセキュリティ企業版です。

日本の企業は500社のうち、3社あるだけです。一番上位の企業で31位の「TREND MICRO」という会社。500社のうちの3社って少ない気が。

日本が強いのは本当に「ものつくり(自動車とか建設機械とか、インフラ)」だけな気がします。本当に。なんかその事実が悲しいです。AIも決して世界に勝っているとは言えないですし。まあ悲観的なことに目を向けてもなにも始まらないので、これ以上言及しませんが、第4次産業革命に遅れないで世界を牽引して欲しいですね。(自分も一国民なので「牽引していきたい」が正解かもしれませんが)。

 

最後に

自動運転やIoT, EVが社会に浸透すると同時にこれまでは需要が少なかった人材(データサイエンティスト、セキュリティエンジニア)の需要が急激に高まります。ロシアのように日本もそういう人材の育成にもっと力を入れないと、今後のパラダイムシフトの先に訪れる社会での国際的競争力がなくなるのがは明らかです。

 


スポンサーリンク

記事が役に立ったらシェア!

投稿者:

中村 俊

中村 俊

1993/09/04生まれ。機械系大学院を休学し、ベンチャーでインターンしている最中。直近では、デカルトの「方法序説」に感銘を受けた。 趣味:読書、web開発の勉強、異分野の論文読んだり、記事書いたり。 最終的には経営者か研究者になりたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA