djangoでログイン機能を実装する



djangoでwebアプリを開発し始めたました。今回はログイン機能を実装したのでまとめます。

参考文献はこちらです。

 

 

appの概要

ログインページ→ログインする→appのトップページという設計です。

ログイン機能を実装するにあたってあまり必要ないですが「数式とそのtexコマンドが一発で確認できる」という、いうなればtexの数式チートシートです。app名は「RAKURAKUtex」です。

 

ログイン機能の実装

  • accountsアプリの作成

appがあるディレクトリにいき、以下を実行します。

他のアプリ作成時同様、myapp/setting.pyに以下を追記する。

ログインするためのurlとログアウトのurl、リダイレクト先のurl(ログイン後に飛んだ先のurl)もここで設定してしまいましょう。

 

  • URLの設定

myapp/urls.pyに以下を追記します。

次にaccountsディレクトリ内にいき、新たに以下の内容で「urls.py」を作成します。

  • templatesの作成

accountsディレクトリ内に、templatesディレクトリを作成。さらにそのtemplatesディレクトリ内にaccountsディレクトリを作成。そしてその中でlogin.htmlを以下の内容で作成する。

ディレクトリ構造は→accounts/templates/accounts/login.html となります。

 

ログアウトページのtemplatesも同様に作成します。accounts/templates/accounts内にlogged_out.htmlを以下の内容で作成します。

以上で実装は完了です。試してみましょう。

 

実際に動かす

  • http://127.0.0.1:8000/accounts/login/にアクセスします

ログインをクリックすると、

RAKURAKUTeXのページ(settings.pyで指定したリダイレクト先のurl)に行きます。

試しにログアウトも動くかどうか確認します。

  • http://127.0.0.1:8000/accounts/logged_out/にアクセスします

 

うまく動いているようです。しかしこれだとログアウトをwebアプリから直接できるわけではないので、ログアウトページを作成しただけになります。ログアウトの機能も作ったらまた更新します。

 


スポンサーリンク

記事が役に立ったらシェア!

投稿者:

中村 俊

中村 俊

1993/09/04生まれ。機械系大学院を休学し、ベンチャーでインターンしている最中。直近では、デカルトの「方法序説」に感銘を受けた。 趣味:読書、web開発の勉強、異分野の論文読んだり、記事書いたり。 最終的には経営者か研究者になりたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA