日本はワールドカップでまだ勝てそうにない



スポンサードリンク

先日のサウジアラビア戦にしろ、その前からのシリア、イラク、オーストラリア戦をみて思うことがあるので書いて行きます。

ワールドカップではまだ勝てない。

オーストラリア戦は2-0で勝ちましたが、正直近年のオーストラリアはケーヒルに次ぐ後釜が見つからずに世代交代に失敗した感じが否めないです。

正直ケーヒルが最盛期で活躍していた時期に比べると今のオーストラリアは強くない。

言うなれば勝てて当たり前である。

オーストラリア戦だけでなく、その前のイラク(引き分け)、シリア(引き分け)見てもわかる通り勝てていません。数年前はここら辺の相手は勝って当然の相手でしたが、ここ半年〜一年くらいは戦績よくないです。


2017年
6月7日国際親善試合1△1シリア 今野 味スタ2017年
6月13日W杯アジア最終予選1△1イラク 大迫 テヘラン2017年
8月31日W杯アジア最終予選2○0オーストラリア 浅野、井手口 埼玉2017年
9月5日W杯アジア最終予選0●1サウジアラビア ジッダ


このままではとでもじゃないがワールドカップ勝てません。南アフリカワールドカップ前後の「アジア相手なら苦労しない」程度の実力は欲しいです。

 

何かとはずす

最近(ここ4,5試合)見てると何かとフリーの大チャンスを外す。

世界の強豪はそういうところで決めてくる。シリアにしろ、イラクにしろサウジ、オーストラリアにしろ点が取れる香川が欠場していたのが目立つ内容でした。

香川は日本人の二列目の選手としては非凡な得点感覚を持っています。だからこそ、ドルトムントという欧州ベスト8のチームで準レギュラーとして監督に干されることもなく、コンスタントに試合に出ているわけです。

 

香川なら決めているかと言われると素直にイエスとは言えないですが、少なくとももう少し得点を匂わせるシーンは増えたと思います。

 

何かとパスしたがる

なぜそこまでして直接ゴール狙わない?というシーンがちらほら前にも記事に書いたことありますが、パスを繋げることが目的ではないのに綺麗にサッカーしようとする。

 

確かに体格もスピードも劣る日本人が世界相手に渡りあっていくには、組織力(パスサッカー)は欠かせないですが、数十年前の日本ではありません。

 

皆海外の一流クラブでレギュラーとしてやっていけてる選手です。だから代表として呼ばれているのです。

ネイマールやメッシ級のプレイはできないかもしれませんが、決して見劣りしないレベルの個は有しているはず。

バルセロナ所属 ネイマールとメッシ

 

ゴール前でボールもらったらマークが付いてようと自分で前向いてシュートするくらいの気概は持って欲しいです。オーストラリア戦で2点目を決めた井手口みたいにね!

 

パスサッカーとはいうけれど(スペインのサッカーとの違い)

よく日本が目指すべきサッカーは「スペインのサッカー」と言われています。スペインも伝統的に細かくダイレクトでパスを繋げるサッカーが得意です。ティキ・タカと呼ばれるスタイルです。

この間のサウジ戦で柴崎がダイレクトでやっていた感じですね。

しかし、日本と明らかに違うのは「個のレベル」。スペイン代表は基本的に「バルセロナ+レアルマドリード」の選手で構成されています。

みんなドリブルもできるし、フィジカルも強いし、スピードもある。要は攻め(サッカーをするため)の選択肢が広いのです。

彼らがやるパスサッカーは「数ある攻めの選択肢の中の一つにすぎない」のです。ただ綺麗で相手を翻弄できるから選択肢の一つとして入っています。

ですが、日本は違います。「個の力」がなくパスサッカーをしないと攻めれないからパスサッカーをするのです。

いわば選択肢がそれしかないのです。

選択肢がたくさんある中でやるパスサッカーとそれしかやる余地がないパスサッカーでは相手に与える効果も違うでしょう。

一人で持っていくかもしれない恐怖があるからこそディフェンスはそちらも警戒するため、ディフェンスからしたら予測が難しいわけです。

しかしパスをするという選択肢しかないのであれば相手は「どうせプレッシャーをかければこいつはパスをする」と次の手が読まれるので相手にしてみれば怖くないわけです。

もちろんパスコースも読まれやすくなりボールを奪われる可能性も上がりますね。

実際にパスが読まれ日本のディフェンスライン付近でボールが取られることは何度かありました。

日本に求められているのは苦し紛れのパスサッカーではなく、余裕のある選択肢の一つとしてのパスサッカーでしょう。

それをするには本田もいうように「個の力」のレベルアップが必要なわけです。組織組織とはいうけれども最終的には「個」と。以下の動画で遠藤もそう言ってます。

 

 

この動画結構大事なこと言っているのでぜひ見て欲しいです。あまり熱いことを言わない、こういうことに関して淡白そうな遠藤だからこそ言葉がしみます。

本田が言ってもわかったわかったってなる人も多いですが、やはり本田の言うことは間違ってないんだなと思いました。



スポンサードリンク

でもそこまで個の力がないわけでない。

正直代表には、これほど欧州5大リーグでレギュラーとして出場している人がいて、決して実力的には世界に見劣りするレベルではないと個人的には思っている。

でも前回大会は全敗。

てっきりギリシャとコートジボワールには勝てるだろうと思っていた。実際、先発出場している人の所属クラブを見ると対等どころか若干日本の方が精鋭揃いなんじゃないかとも思えるほどだ。インテル長友、マンU香川、シャルケ内田、ミラン本田、マインツ岡崎、サウザンプトン吉田…

wikipediaから抜粋

これだけ見るとベスト16くらい言っても全然問題ないメンツに見えるが、世界の壁は分厚い。

そもそもアジアのレベルが低いのが原因だろう。

世界のワールドカップ予選はアジアとは比べものにならないほど厳しい。日本が南米と欧州にいたら絶対ワールドカップ出場はできないだろう。かろうじてアフリカ予選なら通過できるくらいか。

 

やはりギリシャにしろコートジボワールにしろ日本をなめている選手は多い。こいつらには絶対負けないそんな気迫が彼らにはあった。

 

やはり海外慣れしている人はそう言う時にメンタルが崩れないし、実際海外挑戦するメリットはメンタルが図太くなると言うのもかなり大きいと思う。

日本が世界で勝つためにはそういうこと(メンタル的な部分)も含めた「個の力」が必要だろう。

 

 

 

記事が役に立ったらシェア!

サウジアラビア戦感想(ごめんなさいオーストラリア)



スポンサードリンク

今日の未明(日本時間)にサウジアラビア線(日本はアウェー)が行われました。

結果は0:1で負け。

正直試合の運び見る限りオーストラリア戦より勝てそうな雰囲気だったんですけどね。それだけに悔しいです。でも大事なところでパスが繋がらない。というよりパスを繋げようしすぎ。

柴崎も本田も特に前半の右サイド組ですね。左サイドの原口、井手口は本当によかったです。というより乾にしろ原口にしろ、井手口にしろ、日本の左サイドはいいですね。

問題は右サイドです。

「本田いらなくね?」正直これが一番率直な感想です笑。最初から久保裕也使って欲しかった笑。もしくは武藤。

岡崎も悔しそうに試合後のインタビューで「どれか一つは決めなきゃいけなかった」ほんこれ。

久保のドフリーのシュートにしろ、昌子のヘディングにしろ、山口のダイレクトボレーにしろ、原口のシュートにしろ、フリーできたやつを外すのが多すぎる。これについては別途記事を書きますが、そういうのを外しているようじゃ世界相手に戦えないです。ワールドカップは出ても全敗、よくて一勝できるかどうか。

あとペナルティエリア付近でパスを繋げようとしすぎる。本田なんて昔はあんなパスサッカーしてなかったはず。2010年ワールドカップのデンマークとカメルーン戦なんて本田の個の力で勝ったようなもんなのに。あの時の個はどこに行ったのと。もはやボールを納める能力なら大迫の方がよっぽど優秀。

https://www.youtube.com/watch?v=wuuKA2GfiG8

 


スポンサードリンク

サウジアラビアは強くない

もう一つ言うべきはこれでしょう。過去の戦績見る限り日本はサウジは相性がいい方なのですがこの結果になってしまいました。今日のサウジ相手に1、2点取られるのは仕方なかったと思います。向こうの19番のテクニックが半端なかったですし。「サウジの19番ハンパないって!!!」ってやつです笑

19番ファハドの画像載せようと思ったら画像が出てこなかった笑

それ以上の日本が点を取るべきでした。単純にオーストラリア戦にしろイラク戦にしろ今回のサウジ戦にしろ、外しすぎです。

正直ハリル監督には4-2-3-1のダブルボランチの陣形も試して欲しいです。これならトップ下に香川入れれば日本の攻撃は強くなると思います。ボランチに山口と井手口。柴崎でもいい。1トップに大迫でサイドに久保裕也と原口なら香川もいきそうですし。


やはり日本にはアジア最強としてアジア予選くらい苦戦しないでワールドカップ出て欲しいです。南米のブラジルとか、欧州の強豪国のように。日本が苦戦していいのはオーストラリアと韓国くらいみたいな状態に持って行って欲しい。

正直勝つつもりでみていたので悲しいです。と言うよりオーストラリア戦のような勝つ気迫が感じられなかった。時差とか気候とか条件きついのわかるけど、もしオーストラリアに負けていて、「これに勝たないとワールドカップ出場を逃す」ような状況を想定して、それくらいの気持ちで試合に望んで欲しかった。いくら親善試合でもブラジルは日本をボコボコにしてくるやん笑。それと同じ。サウジアラビアの人に「さすがアジア最強。勝てばW杯出場なのに容赦ねぇわ。あいつらつえーなー。」と思わせるくらい、サウジをボコボコにしてアジア予選を終えて欲しかった。

僕個人としては大迫1トップその下に香川がみたいなー。11月にアウェーで親善試合があるみたいなのでそこで新しい組み合わせとフォーメーションがみたいです。ついでに相手はまだ決まってないみたいです。

詳細が知りたい方はこちら。

記事が役に立ったらシェア!

なぜ日本人は点が取れる選手が少ないのか?



スポンサードリンク

なぜ日本人は点が取れる選手が少ないのか?

最近というかこれからも、半永久的に日本人につきまとうこの疑問。

本田がよく口にする、「個の力」。それが足りないで終わらせることもできるが今回はもう少し深く考えていきたいと思う。


スポンサードリンク

そもそも点を取るための「個の力」とは何か?

ここからだろう。個とは何か?

テクニック、フィジカル、スピード、戦術、色々あるが点を取るのに必要なものは他にある気がする。

なんせ、テクニック、フィジカル、スピードなら香川や本田にもあるし、俊輔や清武にもある。

このことからわかるのは、点をとるテクニック、点をとるフィジカル、点を取るスピードは別にある、ということだ。

これらはそうそう身につくものではない。

おそらく日本人が日本に住んでいてぬるま湯でサッカーをやっている限り、身につけられないだろう。

その証拠にこれまで、欧州5大リーグで二桁得点を連発した選手はいない。香川がかろうじて2シーズンやったくらいである。

海外のMFやFWは二桁どころか、20点を毎年のように繰り返している奴もいる。

なぜ同じポジションでも、1シーズンに20点取れる選手と5点も取れない選手が出るのか?

仮説1

僕が思うのか「文化」である。言い換えるならば「環境」である。決めるのが「当たり前」外したら、「バカにされる」とかそういう雰囲気でずっとやってきたやつにはやはり叶わない。体がその感覚で、そういう人はメンタルとか、体調とか関係ない。

ずっとそういうサッカーをやってきたのだから。

世界にはワールドカップで負けようもんなら、国民に大バッシングをくらう選手もいる。

日本にはそういうのはない。少なくともメディアが少々辛口の記事を書いて終わるくらいである。

文化でわかりやすいのが、サッカーのスタイルである。

ストリートサッカーで鍛えてきた南米の選手の個人技には叶わないものがある。

小学生の頃から、ずっとボールを触り、ドリブルで仕掛けるのが当たり前。抜かそうとするのが当たり前。個人技を見せるのが当たり前。そんな中で育ってきた選手に日本人が敵うはずがないのである。

仮説2

国民性もあると思う。やはりエゴが必要になるこのポジションには我々の国民性は不便であろう。

イブラヒモビッチやバロテッリ、ロナウド、サンチェス、これら点取り屋が持っていて日本人FW選手が持っていないものがこれであろう。

そしてこのエゴ(俺が絶対に点を取る)というのはこのまま勝利に直結する。温和な日本人は殺してでも相手から点を奪う覚悟が足りないのだろう。

クリロナやイブラが毎試合あんなに熱狂的になるのはそのためである。

彼らは点を取る行為に全てを捧げている。点を取るか、死ぬか。そんな世界に身を置いているのだろう。

仮説3

身体的特徴。

ここでいう身体的特徴とは、身長とかガタイではなく、もう少し専門的な意味になる。

どうやら黄色人種の骨盤は黒人や欧米人に比べ、硬いらしい。そのため、彼らのような滑らかな切り替えしや、フェイントができない、と言われている。

実際、日本人選手のフェイントの回数、切り替えしの回数は少ないように思えるし、できても外人選手の切り返しに比べると、スムーズでない。体の体制が反動で崩れたり、切り返し時のスピードも限られている。

ネイマールやロナウジーニョが走っている時と同じスピードで切り返せる日本人はいないだろう。

足の長さもそうであろう。足が長い方が切り返しやすいのは当然であるし、ボールもまたぎやすい。


スポンサードリンク

仮説が当たってるとして

仮説が当たってるなら、正直日本人が世界で活躍できる時代は一生来ないであろう。

何せ、生まれながらにして、骨格が違えば、環境も違う。

イブラやメッシやネイマールのような日本人は当然現れない。

日本人の俊敏性を生かして取れる点の数なんてたかが知れている。そもそもその俊敏性も切り返しやフェイントにつながらなければ意味がない。

以上が日本人がパサーには慣れても、点取り屋には慣れない理由であろう。

追記

どうやら日本人の骨盤はメッシのような骨盤に矯正できるようです。

これをサッカー選手が意識して、骨盤矯正したら、メッシのようなドリブルをする日本人選手が現れても不思議ではないです。

【サッカー】ドリブル上達の秘訣は『骨盤』にあり!

 

 

 

記事が役に立ったらシェア!

シリア戦が予想以上につまらなかった話(2017/6/7)



スポンサードリンク

とにかく、乾の調子はよかった。

先日、キリンチャレンジカップ日本対シリアの試合がありましたね。

もちろんリアルタイムでみていたのですが、まあ内容はひどいもので。

知っての通り、スコアは1−1

先にシリアに先制され、後半長友のナイスラン→ナイスクロス→ゴール前フリーの今野が決める。

よかったシーンと言えば、この得点シーンと、後半途中出場した乾の仕掛けから生まれたチャンス(2、3回?)

以下は乾のこの日の動画。

かなり落ち着いているというか、余裕があるというか、最盛期の香川を彷彿させるプレー。

この日の乾はボール持つたびに何かやってくれそうな気がしました。

全然怖さがなかった。

https://www.youtube.com/watch?v=uM163ToIrQM

上の動画は、この日のハイライト動画ですが、みてわかる通り。ゴール取れそうな気がしなかったです。

原口のシュートは悪くないです。中盤でボールを持って、そこから前線までドリブルできるような選手は日本にはいないので、前線にボールが通らない時、日本がゴールを脅かすには、ペナルティエリア外からでも「シュートをうつ」それしかないです。

原口はそれがわかっているから、正直入るか入らないか際どい距離だけど、打っていたのだと思います。

なので、前線の方でボールを待っていた大迫や、久保はイライラしていたと思います。

何せ、ゴール付近で全然ボール来ないのですから。



スポンサードリンク

なぜファイナルサードでの連携が少なかったのか?

日本がこの日、怖くなかったのはこれが原因だと思います。

ファイナルサードとは、「サッカーコートを三分の一した時に、一番敵のゴールに近い側のこと」です。

で、なんでファイナルサードでの連携が少なかったのか?

ファイナルサードでの細かいパス回し、ドリブルが得意なエース香川がいなかったのも原因だと思われますが、最大の原因は「フォーメーション」にあると思います。

この日のフォーメーションは4−3−3(ボランチ一人)です。

https://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20170607/597487.htmlから引用

香川や今野の守備範囲が広くなり、うまく攻撃の起点になれないと思うんです。

日本にはドリブラーがいないので、香川や今野がこの位置でボールをもらってもうまく、大迫に供給できないと思います。実際、サイドにパスを出して、原口や久保が少し遠目のところからシュートおいうのが、前半の攻め方でした。

シリアを脅かすには、大迫の後ろ(このフォーメーションの香川や今野のもうちょい前)でボールをもらって、大迫にパスを出さないと、攻撃のリズムが生まれないと思いました。

以下はサウジ戦の時のフォーメーションです。

これだと、サイドバックとボランチの運動量が増えますが、清武→大迫へはパスが通りやすいです。たとえ、清武→大迫が無理でも、原口や久保を経由すれば、大迫へ繋がりやすいですし、ゴールへの距離も近いです。

というより、このフォーメーションなら、ディフェンス陣の運動量は増えますが、清武(トップ下)にボールが入った時点で、攻撃のリズムが生まれているので、大迫とかにボールを供給しやすくなります。

少なくとも上のシリア戦の時のフォーメーションよりも、2列目の位置が敵ゴールに近いことは確かです。

あと、もう一つはあまり高い位置でプレーするのになれていない、今野がこの位置にいたことでしょうか?

正直、点をとったシーン以外で、目立ってなかった気がします。

いや、本当にこの試合目立ったのは乾くらいなんですよ。

本田も敵のマークを惹きつけるのには役立っていました。

ただ、バックパス、ボールロスは多かったので、正直怖くなかったです。

肝心なところもフリーなのに外してましたし。

正直メディアでもすでに叩かれてますが、こんなんでは到底ワールドカップでは戦っていけないでしょう。

香川の復帰と乾の活躍、ハリル監督の采配と陣形の見直しが必要だと思います。


スポンサードリンク

記事が役に立ったらシェア!