レアル・マドリード対ユベントス(CL決勝)



スポンサードリンク

先日 6/3にCLの決勝が行われてました。

今日はその感想を書いていこうかなと。

https://www.youtube.com/watch?v=DeMsIQEKFXc

最初にロナウドが、フリーの状態でもらったボールをダイレクトでゴール隅に蹴って得点。

カルバハルのナイスランとカルバハルにパスを出してからのフリーのなり方。横方向に走ってますね。それをカルバハルがちゃんと見ていて、なおかつ正確にロナウドにパスを出したのがすごいです。

近年のパスサッカーの象徴とも言えそうなシーンです。

次はマンジュキッチのスーパーゴール。これをCLの決勝でやってのけるのがさすがです。スーパープレーヤーがスーパープレーヤーたる所以でしょう。日本人にはできないゴールです。

1:1で前半を折り返します。しかし後半、レアルの猛攻が始まります。

前半の内容を見てても、ユベントスが若干押され気味だったのはボールポゼッションなんかも見ればわかりますね。やはり、ユベントスの攻撃はカウンターがメインだった気がします。

ついでにこの試合の前半のデータは以下のようになります

前半[10]
ユヴェントス レアル・マドリード
得点 1 1
シュート 8 5
枠内シュート 4 1
GKセーブ 0 3
ボール支配率 45% 55%
コーナーキック 1 0
ファール 10 13
オフサイド 1 0
イエローカード 1 2
レッドカード 0 0

 

決してユベントスが防戦一方ではなかったことがわかります。シュート数では勝っています。ということはレアルは少ないチャンスをものにした、ということです。

逆にユベントスは少ないポゼッションに関わらず、シュート数は多いです。ということはボールをチームで回し、ゲームを組み立ててから、流れでシュートまで持っていくというのと逆、すなわちうばたら、時間をかけずにシュート!というサッカーをしていたことになります。少し極端ですが。

レアルは上の説明で言えば前者のサッカーをしていたということでしょう。

時間をかけ、流れを組み立てたからこそ、ユベントスの強固な守備を破ることができたのかもしれませんね。

データから考察すると色々見えて面白いです。


スポンサードリンク


後半はカゼミーロがミドルシュートを決め2点目。これは防ぎようがないので、どんまいって感じです。

レアル3点目はこの男ロナウドが決めます。モドリッチのサイドの抜け出しから始まり、ラインギリギリのところをモドリッチが追いつき、クロスをあげ、最後はフリーのロナウドが決める。

1点目も2点目もロナウドはフリーなんですよね。テクニックやフィジカルだけしゃなく、オフザボールの動きも徹底しているのがすごいです。

何せ相手はユベントスなのですから、たまたまロナウドをマークしていなかったと考えるのはおかしいでしょう。ロナウドに注意をしていたが、点を取られてしまったと考えるのが普通で、自分にマークをつけさせないようにロナウドが動いたと考えた方が良いと思います。なんども言いますが、相手はあのユベントスなのですから。

 

そして4点目はマルセロがサイドのドリブル突破です。この時間で3:1の状態でまさか抜いてくるとは思わないでしょうね。そこの裏をかいたマルセロさすがです。

しかもそのあと、中にマイナスのクロスを出すのですが、その際、また抜きでやっています。そして、フリーのアセンシオがダイレクトでシュートでゴール。

この試合見て思ったのが、レアルの得点シーンは全部ダイレクトですね。さすがです。あの速いクロスをトラップせずに直接決めきる。さすが最強チームは違いますね。

フリーでもらったボールはダイレクトで必ず決める。これは選手のうまさを示す指標になるのかもしれませんね。



スポンサードリンク

CL決勝スタメン(https://ja.wikipedia.org/wiki/UEFA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0_2016-17_%E6%B1%BA%E5%8B%9D)
記事が役に立ったらシェア!

バルサやレアルは優秀な人材を切り捨てるよね。



スポンサードリンク

元バルサやレアルの選手について書いていこうと思います。そう言えばそうっだったなっていう人もいるはずです。
普通に活躍していたのに移籍してしまった人が数多くいて残念でならないですね。

バルサやレアルにいたスーパープレーヤー

  • メスト・エジル;アーセナル所属のドイツ代表

世界的にも有名なパサー、レアル時代にはクリロナにも最高のパートナーと称されていた。トップ下がメインなのでアシストが多いですが、得点能力も高いです。レアルで10番,ドイツ代表でも試合に当たり前のように出ているので、さすがです。

まだレアルに行く前の22 歳だった頃、W杯南アフリカ大会で快速ドリブラーとして、世界にその名を轟かせました。僕もテレビでみていて若いのになんちゅううまさだ!と感動した覚えがあります。その頃はまだブレーメン(ブンデスリーガ)にいたので、大会後には移籍するんだろうなーと思ってたら、案の定レアルに移籍してました。

  • アレクシス・サンチェス;アーセナル所属チリ代表

バルサの元9番ですね。サンチェスも南アフリカW杯で大活躍し、その後バルサに移籍しました。サイドのドリブル無双はすごかったです。南米の選手はテクニックがすごくアジリティもあるので、これまた興奮しました。

当時はセリエAのウディネーゼにいたのですが、どうせビッククラブ行くのだろうなと思ったらまさかのバルサでした。

エジルにしろ、サンチェスにしろ、自分の目が正しかったみたいですごく嬉しかったですね。

本人も公言していますが、あの個人技は小さい頃からのストリートサッカーで身につけたものらしいです。

どうりで見てて楽しいわけだ笑

  • セスクファブレガス;スペイン代表チェルシー所属

あまりプレーは見ないですが、どうやらかなり視野が広く、空いたスペースを発見しては味方にそこへいい感じに配球する優れたパサーのようです。

バルサ時代にはサッカーにフィットしなくあまり活躍できなかったようです。セスクは10番タイプですが、バルサには不動の10番メッシがいますからね。

セスクほどの選手でも、メッシがいるから活躍することができないというのがバルサのすごいところエスね。

チェルシーではジエゴコスタや、アザール、ペドロなど、ドリブラーかつ、運動量豊富でスペースに走ってきてくれる選手が多いのでフィットしてるみたいです。


スポンサードリンク

  • カカ

エジルが来る前のレアルの10番ですね。クリロナとの共演には多くの人が魅了されていましたね。

最強のパサーと最強のスコアラーのコンビです。

ミラン→レアル→ミランとすごい経歴で、最近まで本田の同僚でしたね。

レアルに来る前のミラン時代がカカの最盛期という人は少なくないです。その頃はレアルにはロナウド、ジダン、ラウール、ベッカム、カッサーノとレジェンド揃いでしたね。

  • ディ・マリア;パリ・サンジェルマン所属アルゼンチン代表

この選手もかなり活躍していたのにも関わらず移籍した(しかもファン・ハール政権のマンUに)勿体無い選手の一人です。なぜレアルがやすやす売ってしまったのか謎です。

もともとベンフィカにいて、南アフリカワールドカップで活躍しレアルに移籍しました。レアルのあとは1シーズンほどマンUにいき、パリ・サンジェルマンに移籍しました。

  • ズラタン・イブラヒモビッチ;元スウェーデン代表マンチェスターユナイテッド所属

彼も監督との相性が悪く、活躍できなかった選手の一人です。バルサの教科書のようなキレーなサッカースタイルは合わなかったのでしょう。動きまくるタイプでもないですし、ドリブラーというわけでもない。でも自分のとこにきたボールは何がなんでも決めるスタイル。

テコンドーの経験があり、彼の技やメンタルには多かれ少なかれその影響が出ていると言われています。

身長と体重も規格外で195センチ、95kgです。色々とおかしいですが、こんな異次元の選手でもバルサでは活躍できませんでした。

  • イグアイン;アルゼンチン代表、ユヴェントス所属

ラウールやロナウド、ベンゼマ、ロナウド、サビオラ、ロビーニョなどの多くレジェンドがいた中で長年コンスタントに活躍していた選手です。

しかしベンゼマにポジションを取られ、ベンチの日々が続くとナポリに移籍しました。こんな人からスタメンを奪ったベンゼマはやはり恐ろしいですね。

 

以上他にもたくさんいますが、今なお現役で活躍している選手ということで紹介していきました。

他にも、この選手もそうだったの?という人はたくさんいます。スナイデルや、ロッベンもレアル所属経験がありましたし。また驚きの発見がありましたら何か書いていきます。


スポンサードリンク

 

 

記事が役に立ったらシェア!

ブラジルの王様「ネイマール」



スポンサードリンク

今回は、バルセロナ所属、ブラジル代表「ネイマール」について書きたいと思います。

ネイマールの経歴

生年月日 1992年2月5日(25歳)
出身地 モジ・ダス・クルーゼス
身長 173cm
体重 63kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 FCバルセロナ
ポジション FW (CF / LWG / RWG)
背番号 11
利き足 右足
ユース
1999-2003 ブラジルの旗 ポルトゥゲーザ・サンチスタ
2003-2009 ブラジルの旗 サントス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2013 ブラジルの旗 サントス 103 (54)
2013- スペインの旗 バルセロナ 93 (55)
代表歴2
2009 ブラジルの旗 ブラジル U-17 3 (1)
2011 ブラジルの旗 ブラジル U-20 7 (9)
2012  ブラジル U-23 7 (4)
2010- ブラジルの旗 ブラジル 77 (52)

思ったのは、意外に小柄で、体重も軽いということ。だからこその俊敏性なのかもしれませんが。

63kgでリーガのデフェンス陣のタックルにも負けないなんて、ぶっとんだボディバランスですよね。

正確には負けないというよりも、足をかけられても倒れないですかね。

もう一つ驚いたのが、結構長く、サントスにいたみたいで、バルサに移籍したのは21歳の時です。18とかからいるイメージですが笑。

サントスとの契約延長をしたばっかということもあり、他のクラブは手が出せなかったとか。

それでも21歳でバルサ→即活躍とは大したもんです。その頃のFWはメッシ、ビジャ、ペドロ、サンチェスと錚々たるメンバーですが、スタメンをもぎ取っていますね。

正直ネイマールクラスになると、年齢とか、監督との相性とか関係なくなるのでしょうね。

そしてA代表も初選出が18歳。これも年齢関係ないですね。ブラジルには不動の10番カカがいましたが、見事にその座を奪いましたね。

受け継いだと言った方が正しいかもしれないです。



スポンサードリンク

プレースタイル

 

たったワンシーズンでこれだけのプレー集作れるくらい活躍できるってすごいですよ。

プレー集作れるってことは活躍して試合出て、かっこいいシーンがたくさんあるってことですからね。

4分25秒あたりのシーンとか、普通うばわれますよ笑

倒れても奪われずにその後に、味方にちゃんとパスだしてますもんね。

7分40秒あたりとかもあれだけ相手に体掴まれたら、普通倒れるし、ボール取られますよね。

7分58秒もあんだけの事されたら、普通倒れますよね笑

 

https://www.youtube.com/watch?v=vUorZWVOFug

 

なんでしょうか。南米独特のリズムというか。ストリートサッカーのリズムなんでしょうね。なんかクラブチームでならうフォーマルな動きではないというか。

非公式な動きが多いです。南米の選手は笑

2分55秒でのトラップをそれ意味あんの?って感じですが、こういうのを公式の試合でやってのけるメンタルがすごいですよね。

ロナウジーニョなんかも、普通の試合でラボーナでクロスあげてたりしてましたね。

そういうのは日本人にはできる芸当ではないです。

ロナウジーニョしろ、メッシにしろ、ネイマールにしろ、重心の逆を取るのがうまいですよね。

そこ切り返せるの?とか、その体勢でドリブルすんの?とか、その体勢でパス出すの?そこ倒れないの?そこ奪われないの?とか、そんなんばっかりですよ。

こんなに注目されてて、マークも厳しいはずなのにですよ。

本田や香川の動画ばっかり見てる僕だからこそ、GAPがありすぎてビビりますね。

まだ25 歳という若さもあり、もう5年はバルサでのプレーが見られるんじゃないでしょうか。

どこにも移籍せず、メッシと一緒にバルサずっとプレーしてて欲しいですね。

それと、ネイマールはメッシとロナウドの影に隠れているせいで、バロンドールを獲得していない選手でもありますので、是非とも一回はバロンドールの受賞をして欲しいですね。



スポンサードリンク

記事が役に立ったらシェア!