覚悟の磨き方(超訳 吉田松陰)

覚悟の磨き方

今回は、幕末の天才思想家の言葉に触れることができる良本「覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰」についての感想を書こうと思います。見た目は重厚で、そのため中身も長文がぎっしりと詰まっているのかと思いきや、シンプルに名言、格言がページの真ん中に記述されているだけ。この本には、その176の松蔭先生の言葉が贅沢なフォント配置で構成されています。なので、長文を読むのが苦手とか、本を読むのが苦手な人でも、気軽に読めます。おそらく、2時間くらいで読めると思います。

しかし、そんなシンプルな構成とは裏腹に、多くのことを読者にもたらしてくれます。言葉が短く、余計なことが記載されていないので、スッと頭の中に入ってくるイメージです。シンプル イズ ベスト とはこのことを言うのでしょう。



スポンサードリンク

感想

この本では、松蔭先生の歴史についても軽く触れられています。10歳の頃には、藩主を相手に兵学を教える、30歳で死刑により生涯終える、など普通の人ではありません。松蔭先生の志は常に、世のため人のため国のためにあり、そこには私欲や私情はありませんでした。死刑の判決を受けた時も、「承知しました」。付き添いの役人に「本日もご苦労様です。」と言葉をかけたほどである。また、首切り役も「これほど最後の立派だった人は見たことがない」と感服したそう。

国のため(国の未来のため)、生を全うする。どんな精神してるのか、何をしたらそんな人に育つのか謎ですが、そんな素晴らしい人が幕末の頃にいて、その人が日本の未来のために30歳で命を落とした。そんなエピソードを知れただけでも私は、この本に出会えてよかったと思います。

だって、松蔭先生が罪を犯してまで、鎖国時代に海を渡りペリーの船に乗り込んでいなかったら、日本はアメリカの植民地になっていたのかも知れないわけです。詳細はわかりませんが、黒船に対して、幕府はオラオラしてたみたいです。

「文明の利器だからって調子乗るんじゃねぇよ」的なね。松蔭先生は違いました。

「いやいや、勝てねーじゃんw 何であんな鉄の巨大な塊が水に浮いてんのよ?見たことないものばかりでワロター」

となり、発想を逆にし、鎖国なんてやめてアメリカから技術もらいましょうよ!と。

もちろん鎖国最中の日本なんで、そんな思想持ってるだけで、犯罪ものです。実際に松蔭先生は黒船来航時、25歳ですが、一度投獄されています。

投獄されている最中も、萎えずに松蔭先生は、読書や思考にふけっていました。そして獄中には人生を捨てようとか、生きたくないとか、そんな人たちばかりです。しかし、そんな人たちに対しても、松蔭先生は自分の志を語ります。なぜ生まれ、なぜ生き、何に感謝し、どう生きるのか?どう生きるべきか?を。そして獄中の人たちの中には、その熱い言葉に涙するものもいたそうです。

これを年配のおじいちゃんがやったならまだしも、25歳でって言うのが驚きです。自分とそんなに歳も変わらない青年が、なぜそんな歳で、そこまで悟りを開けるのか?

松蔭先生とて同じ人間。自分もまだ松蔭先生のような人間になれる可能性はありますが、実際に自分がここまで自分の生を私欲や私情にとらわれずに生きていくことができる自信がないです。人間である以上、富、名声、地位を欲しがる感情は誰にでも生じますが、それに踊らされる人生にはなりたくないな、と思います。

まあ、実際この本を自分が読んだのは一年以上前で、それを意識して実践してるからこそ、大学院を休学し人生を見つめ直し、今こうしてブログを書いているわけなのですが笑

久しぶりにこの本を読み直し、やはりこの本は多くの人に読んでもらいたいなぁと思ったので、今回感想を書かせていただきました。このレビューがきっかけで、この本を読んでいただけたら幸いです。

 

 

 

 



スポンサードリンク

イミテーションゲーム

<エニグマって!?(・_・;?>

まずそこからだと思います。エニグマは第二次世界大戦中にナチスドイツが使用していた暗号機のことです。詳細はこちら

<映画イミテーションゲームとは?>

この映画は、エニグマの暗号をアラン・チューリングを始めとする学者やチェスの世界王者などの天才集団が解読をし、戦争勝利への科学の貢献を描いている物語。

photo.jpg ←アラン・チューリング

一説では、エニグマが解読されずにナチスドイツに攻撃されていれば1400万人の犠牲者が出ていたと言われている。

<日本の立場(敗戦国)から見ると>

エニグマが解読されていなければドイツ(日独伊)は優勢となり、別の歴史になっていたかもしれません。日本人からすると際どい立場で見なければいけません。



スポンサードリンク

<面白さ>

  • 戦争により科学は進歩するという典型例がわかる
  • 技術者の倫理を見れる
  • 日本人(敗戦国民)が見るからこその視点
  • 孤独な天才の数奇な人生に触れることができる

大まかに列挙するなら上記になるかと。国のために頑張っているのに、スパイ容疑をかけられ、結果が出ないからといってすぐクビにされそうになったり、せっかく解読できても解読できたことを敵に知られないように味方から騙したり、予測できた攻撃を防げば家族を見殺しにしないで済むのに(上記の理由から)見殺しにするなど。たまったもんじゃないですね。見ているだけで研究者という視点からすると、ストレスたまります。「感謝」「尊敬」などはそこにはなく、血も涙もないような政府による学者殺し。

最終的にチューリングは、自分が持っている秘密が政府にばれ、薬漬けになり、最終的に自殺します。その秘密というのも今では法的に認められていることなので本当に無念でなりません。

ただ真理を追求したいだけなのに、国から見捨てられ最終的には孤独になる研究者は少なくないです。

以上に述べたようにこの映画には多くの要素がつまっているので、少しも気を抜いて見ることができません。常に視聴者の感情を揺さぶってくる作品です。たまには読書ではなく、こういうことから学ぶのもありかもしれません。



スポンサードリンク

アルジャーノンに花束を<ダニエル・キース>

アルジャーノンに花束を読みました。少し前にテレビでも放送されていたので聞いたことがある人は多いと思います。

<読もうと思ったきっかけ>

TVで放送されてるし、みんな知ってるし、読んでみるかと思いリサーチしたのがきっかけ。実際にリサーチしてみると、「知的障害を抱えている主人公が手術を受け、IQ180になる」という物語であることを知り、最初はなんだその現実性のない設定は?と思いましたが、どうやら作者が伝えたいのは、子供から見た大人の世界や、現代社会に対する不満なのではないかということに気づく(仮説も少しありますが)。

自分も社会に対しては「この世は偽善だらけだな」とか考えていたりするので、結構すんなり読めるのではないかと思い読むことにしました。


スポンサードリンク

<読んだ感想>

案の定、僕のような社会不適合者にはまさにもってこいの本でした。精神的に大人になりきれていない(汚い資本主義社会の現実を受け入れたくない)自分と主人公に重なる部分が多く存在したのも確かです。

僕の場合、知的障害を抱えている訳ではないですし普通にこれまで育ったので、主人公のチャーリィほど正義感が強くないです。チャーリィ(32歳)は、IQ 60の状態(5歳の子供と同等の知能)から急にIQ180になりました。そしてIQ180になったこの天才は現実を受け入れられない正義感の強い、孤独な人間になります。

そして、周囲の人を見下すようになります。

僕が思ったのは、社会性を身につける上で自分も気づかぬうちに正義感が薄れていく大人と、チャーリィのように子供のまま正義感を振りかざし周囲の人間から煙たがれるような人、(後者を社会不適合者と呼ぶ人もいますが)どちらが正しいのかということ。

この疑問を僕に浮かばせてくれただけでもこの本を読んだ価値はありました。他にも色々あります。両者は同じコミュニティで「共生」することは不可能なのか?なぜ社会性を身につけた大人は、正義感の強い人をみると現実を知らないガキ扱いするのか?それは自分の心の汚さがその人の前で浮き彫りになるからなのか?

この本は多くの疑問を僕に抱かせてくれました。おそらく、汚い部分は多かれ少なかれ人間なら誰にでもあるはずです。それを客観的に見つめ、自分を受け入れるための本なのではないかと感じました。

自分や他人を信用できない人。社会が嫌いな人に是非とも読んで欲しいです。全てを受け入れ「答え」を出したチャーリィを見て、歩みを進めてくれたらと思います。



スポンサードリンク

DUO3.0勉強中(電車ん中で)

オランダ国立航空宇宙研究所(NLR)に1年間インターンシップに行く可能性があるので最近、英語勉強してます。「アウトプットするのにはまず、大量のインプットから」というのを本で読んだ記憶があるので、とりまDUOの例文全部覚えてから向こうに行こうと思います。

確かに、ここ一ヶ月毎日電車の中で一人でブツブツ言いながらやっている効果なのか、TEDとか聞いてみると手応えを感じる. 明らかに聞き取れる単語数が増えている。

やっぱ努力に勝るものはないですね!!



スポンサードリンク

なぁにこの課題www?

キャッチ画像にのせた課題が出ました。ロボット総合論という講義ww.

くっそぉ。ここまでメンドい課題は久しぶりですね( ´ ▽ )ノ

ついでに来週〆切の期末課題は6個あります. あれ〜院生の本業って研究じゃねぇのか?ってかんじですね。ロボットの機構を設計するときは以下のことに注意するらしいです。

  • ヤコビ行列(速度解析や特異点探索に必要)
  • 運動伝達特性の評価
  • 機構の動作領域
  • 製作する上での部品調達やコスト

自分の専門分野はロボットではないので、たまにこういうのを設計・評価するのも悪くない気がしてきました(´Д )

ただもう少し時間にヨユーがあればなぁ…



スポンサードリンク