大前研一 「武器としての経済学」を読んで


スポンサーリンク


大前研一さんの「武器としての経済学」という本を読みしました。

        >>武器としての経済学(大前研一)
       

目についたからたまたま手にとりました。

 

内容は予想通りでした。今後の日本経済について悲観的な視点で大前さんのなりの考察が書かれています。経済学というか今後の日本経済についてです。

 

特に印象に残ったのが以下の2点

  • 日本の年金について
  • 国内自動車産業の今後の動向について

 

です。なんで印象に残ったのかというと

上の2点については自分も常日頃懸念していて、同じ日本に住む一国民として、機械系の大学院生として、常にアンテナを張っているからです。

 

僕自身、上記2点の今後についてはマイナスイメージしかないです。

 

年金や人口問題を本気で解決しようと思ったら直近の経済財政が例え悪化しても長期的な政策をするしか今の日本にはのこされていませんが、残念ながらアベノミクスに思い切って長期的な視点で対策をするような環境はない。

 

この本を読む限り、大前さんも同じような考えでありました。

 

1980年代にレーガン大統領は40年後を見据えて、経済政策を実施。それのおかげでアメリカは現在の日本のような状況を免れています。

 

カリフォルニア州は移民を受け入れる代わりに、移民に多めの税金を支払わせることで年金をまかなっています。

 

日本ももう少し早めに政策を実施するべきでしたが、もはや遅すぎです。

 

日本にとって移民は歴史的、文化的にボトルネックが多い。

 

となると、日本に残されている手段は、年金受給年齢の引き上げと、退職年齢の引き上げが一番現実的です。

 

もはや定年60、寿命80のライフスタイルは崩れている。

 

これからは定年75寿命90の時代なのだと。

 

にも関わらず日本政府は、真実をブラックボックス化し国民を偽り、さも大丈夫かのように振る舞う。

 

まるで、第二次世界大戦でずっと日本が勝っていると国民に嘘をついていて、負ける直前に罪を認めた当時の政府のように。

 

それと同じことを政府は今もやっている。このまま続ければ、いつしか国民を裏切るだろうということは予想できる。

というようなことを大前研一さんは述べています。

 


スポンサーリンク

 

自動車産業については、主に「電気自動車へのシフトが引き起こす問題について」述べています。

 

ニュースでも頻繁に報じられていますが、日本の自動車業界は世界的に見てEVへの転換が遅れていることは確かです。

 

MATSUDAなんかはEVへの転換はそううまくは進まないと考えており、ガソリンエンジンの開発に相変わらず熱を注いでいますね。これはこれで政策的にはありだと思います。

 

最終的にEVへの移行がどうなるかは不明ですが、今のところ出遅れているのは確かです。

 

僕自身、EVへの移行は自動運転と同じでインフラなどの問題もあるので今後10年20年で急激に移行するということはないと考えています。

 

ですが、もっと長期的なスパンで考えた時にガソリン車とEVの市場におけるシェアが今と全く別物になるのは確かです。それがどれくらいに先になるかというのは予想しづらいところではあります。

 

そう考えると、今後10年20年は問題ないように見えますが、電気自動車が主流になる社会が近づくにつれ衰退するのは目に見えているわけです。

EVはガソリン車に比べると部品数が10分の1で済むらしいです。トヨタの生産効率をあげる看板方式は、トヨタ自動車を頂点にし、完全なピラミッド構造になっているから成り立っているもの。ということは単純に考えてトヨタが発注する部品数が10分の1になれば、そのピラミッドに所属する全ての会社の受注数なり売り上げなりが10分の1程度になると、大前研一さんは考えています。

 

もし日本経済を支えている自動車産業がそんなことになれば、日本は大きなダメージを食らうことは確かです。

 

これはあくまでモデル化した考えなので、そう単純には行かないと思いますが、やはり時間の問題でガソリン車メーカーとしてやってきた以上、衰退は免れないのではないでしょうか。

 

大前研一さんが、以上の2点を見ただけでも本書の中でかなり日本の今後について悲観的だというのがわかると思います。

 

確かに30年以上先を見据えるというのは、人間の日常的な時間からイメージしづらいところではありますが、目をつぶらずに向き合うことで見えてくる、出てくる考えもあると思います。

大企業の経営者や政治家などには是非とも「未来に有意義な選択」をして欲しいですね。

 

 

 

 

 

 

記事が役に立ったらシェア!

ポアンカレ予想の勉強 その2



スポンサードリンク

ポアンカレが考えた高次元空間

我々は3次元の物を、3次元として捉えることはできません。
球が存在しても、正面からしか見えず、裏側の世界は見えません。
視覚や脳を使って、2次元的な情報を3次元に復元していると言って良いでしょう(あくまで幾何学的な観点です)。
要は、3次元空間にいる人は一個次元を落とした、2次元空間のものしか、捉えることができません。
言い換えると立体の端を捉えているのです。
この考えを応用し次元を下げていきましょう。
立体体の端は面
面の端は線
線の端は点
になります。
しかしこの考えでは、4次元以上を考えることはできません。
そこで、ポアンカレさんはユークリッドが考えた、3次元空間を逆手にとりました。
すなわち、
端が点のものは、2次元
端が面のものは、3次元
端が立体のものが、4次元
ということです。この考えならば、4次元以上の高次元を考えることができます。
これが、ポアンカレが提案した高次元を考える方法です。以上の考えの図を示します。ピンクの部分が各次元の端を構成しています。
ついでに端が立体の4次元物体は超立体と呼ばれていて、要は、立体の周りを8個の立体が囲っているものです。
しかし、決して3次元空間では再現できないので、私達が考える「囲う」とはまた意味が異なることに注意してください。



スポンサードリンク

球面が二次元とはどういうことか?

そして、前回の記事に述べた通り
「球面が2次元空間」という問題について、述べます。
球面というと、奥行きを考えてしまいますが、面である以上厚みはないので、2次元です。
地球の例をあげましょう。
地球は球体ですが、「球面」をもっています。
そして、地球の場所は球面の緯度と経度の2つのパラメータで表せます。
座標を2つのパラメータで表しているので、2次元ということになります。
また、勉強したことがあったら随時更新していきます。
今回はここまで!



スポンサードリンク

記事が役に立ったらシェア!

格差論の有名な方程式



スポンサードリンク


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

格差社会を論じる上で、よくでてくる式があります。
                                     r>g
rとは資本収益率、gは経済成長率です。これはフランスの経済学者トマ ピケティが発見した式です。資本収益率とはお金を株や不動産とかに投資した時に一年間でどれくらい資産が増えるかというもの。経済成長率は、フツーにサラリーマンが労働して一年間でどれくらい増えたかを表すもの。
そして、この式が成り立つ時に社会の格差は広がります。要するに現在進行形で日本やアメリカではこの式が満たされているということです。
←トマ ピケティ
この方程式はトマ  ピケティがいろんな国のデータを15年間集め続け、そこから導かれた式です。そして、格差社会について、ここまで明確かつ端的に表現した式はないと言われています。
経済学は文系のイメージがありますが、正直かなり理系脳を必要とする分野なので私は好きです。金融工学のブラックショールズモデルとかね!
いつかこれについても、書いてみようと思います。



スポンサードリンク

記事が役に立ったらシェア!