マラカイボ湖ってやばくね?落雷の量がまるで漫画の世界。



南米ベネズエラにある「マラカイボ湖」というのを知ったので、まとめる。

雷が一時間に3600本落ちるらしい。

 

これはマラカイボ湖から出ている成分に起因している。この湖は「塩湖」であり、大量のメタンガスが蒸発している。そのメタンガスが上空で「水素」と「炭素」に分解され、分解した水素と中間子という粒子が核融合した時に電気エネルギーが発生します。

そしてこの電気エネルギーがマラカイボ湖の雷の原因です。

普通の雷は静電気が原因です。その静電気が雷雲の元になっていますが、ここでは核融合のエネルギーなので異常なスピードで雷雲が形成されているということでしょう。

ついでにこれは現状の研究では「上記の理由が決定的」であるという状態ですが、他にも要因はあらみたいです。

  • アンデス山脈等の地理的な要因
  • エルニーニョ現象やラニーニャ現象が影響している

とも考えられているみたいです。

ついでにこのマラカイボの落雷は音がないらしく、音が出ないメカニズムについては研究段階で、まだ明らかになっていません。

そしてこのマラカイボ湖の落雷を通称「カタトゥンボの雷」というが、大昔にここら辺を航海をしていた人たちからは、この雷が目印になることからも「マラカイボの灯台」とも言われていたそうです。

 

一年のうち200日以上は雷が降っているらしく、落雷が無い日の方が珍しいのだとか。

 

サムネイルの画像もそうですけど、世紀末というかこの世の終わりみたいな画像ですね。

「悟空対フリーザ」の時のナメック星が爆発する直前みたいなww

あとはワンピースの新世界にも落雷が止まない島がありましたね。ウルージさん結局どうしたのだろう。

ワンピースのはマジでモチーフになってそう。

 

話はずれますが、地形的には「海」とも定義できるそうです。

マラカイボ湖は、かなり狭いですがベネズエラ湾に繋がっていて、そのベネズエラ湾はカリブ海に繋がっています。

 

定義が曖昧というところも、珍しくて惹かれますね。

 



記事が役に立ったらシェア!