yoemanのJhipsterでwebappの雛形作成してみた

 

Yoemanジェネレータの一つ「Jhipster」でwebappの雛形を作成したのでメモしときます。

公式ドキュメントを参考にしました。かなり密度が濃く英語なので疲れますがその分、有益な情報が詰まっています。

 

前準備

  1. npmを最新版にアップデートします

2. yoeman,bower,gulp-cli,をインストール。すでにインストールされてる場合はいりません。

3. Jhipsterをインストール

 

JHipsterの起動

適当にディレクトリを作成し、以下のコマンドでyoemanを起動する。

その後に「jhispter」を選択する。

そうすると全部で16個質問されるが、雛形を作成する程度なら適当で問題ないと思う。

ついでに自分は以下の設定。

ついでに選択肢については公式ドキュメントの下の部分を見ると良い。

インストールが終了すると以下の文字がターミナルに現れるはず

言われるがままgulp install を実行し、そのあとに

でサーバー起動すると、勝手にブラウザが立ち上がり以下の画面に。

だがしかし…

雛形完成。試しにadminとuser でログインを試みるも

ログイン失敗と言われる。

デフォルトでadminとuserが用意されていると公式ドキュメントに書いてあるので、初期設定は関係ないはず。

Mavenというものを使ってサーバーを起動して見ることにした。「./mvnw spring-boot:run」で実行できるらしいが、JavaのJDKがないと動かないと言われたので大人しくこちらでインストール

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk8-downloads-2133151.html

ダウンロードファイルをダブルクリックすれば、勝手にインストーラーが起動するはず。

そして下記コマンド実行(かなり時間かかる)

下記画像(公式ドキュメント)にある通り、http://localhost:8080 に接続して見るも接続できない。そもそも『Maven』とは一体…

もう一度、gulp serveを実行し、ログインを試みるも結果はなにも変わらず…

何が原因なのかわからないので、解明に時間がかかりそうですがわかり次第、更新します。

 



スポンサードリンク

記事が役に立ったらシェア!