インスタグラムをやる意味が正直わからない。


スポンサーリンク

近年SNSブームだが、その中でも特に自分が疑問を抱いているのが「Instagram」というサービス。

 

自分はこれに魅力を全く感じない。いやtwiiterとかfacebookを使わずにいきなりSNSデビューがそれならいいと思う。

 

その人は逆に「facebookっていらなくない?インスタでよくない?」って考えると思う。

 

自分が思っているのはこれの逆である。

 

ツイッターとフェイスブックを使ってきた自分からしたらこれ以上のSNSはいらないのである。

 

 

もともと若者は気軽に一言書き込めるツイッターに群がっていたが、文章だけでなく「自分がとった写真メインのSNS」ということでツイッターユーザーも使うようになった。だから10代、20代も最近はやっている人は多い。

量が多すぎて使いきれていない人も多い

 

文章→写真という図式でツイッター→facebookとユーザーが遷移(もしくは使い分け)したにも関わらず、なせここでまた写真のSNSなのか?

繰り返すようだが、facebookを知らない高校生とか中学生が初めてのSNSで使用するなら十分わかる。しかし疑問なのは、facebook使っているにも関わらず、インスタグラムを使っている連中だ。

図式でいうと「写真→写真」。何がしたいのかわからない。facebookの何が不満でインスタグラムを利用しているのか。

 

ここでなぜそういう事象が起きるのかある仮説を考えようと思う。

仮説1「周りが使っているから使う」

仮説2「facebookが飽きたから」

仮説3「流行りのものはとりあえず全部インストールしておくミーハー」

仮説4「上の仮説1~3の組み合わせ」

だろうか。

合理主義の自分からしたら、全く持って無駄なのではないかと思うが、ここは頑張って論じてみようと思う。

そもそもなぜSNSを使うのか。それは便利だからである。もちろん楽しいから(承認欲求を簡単に満たせる)というのもあるが、それが目的なら一つやれば事足りるはず。

にも関わらず、いくつか使い分けているということはやはり「(便利さを求めて)無意識にも自分の中でルールを決めて役割分担をしている」のだろう。

と考えるとどうしても「インスタグラム」の有用性が理解できない。

 

特定の人との交流→LINE

不特定多数の人とその場で思ったことを言語化して交流→ツイッター

不特定多数の人とその場で感動したことを映像化して交流→facebook

 

やはりインスタグラムの使いどころがわからない。

slackを使ってる人からするともはやラインはいらないだろう。自分もスラックを使っている時は何度も思った。

 

最後になるが、ちゃんと役割を明確にし自分にとって本当に必要なアプリなのか見定めないとただ時間を食うばかりである。

そして、何も考えずに時間を浪費していてはいつまでたっても提供側の思うつぼ(都合の良い消費者)であり、手のひらで転がされるだけである。

 


スポンサーリンク

記事が役に立ったらシェア!

SNSってやっぱりすげーな。



スポンサードリンク

SNSおそるべし

少し前に記事をFBへ投稿したら、PV数が何十倍にも増え、SNSの力の大きさを感じている。何十倍にもなったと言っても、元々一桁PVでしたので、まだまだ大したことないですが笑

この勢いで、ツイッターでもやろうかなとか考えてます。

ついでに以下がそのPV数増加の様子。

自分のFBの友達の人数自体少ないのもあるが、まあ一応2〜3人に一人にはみてくれてはいるようです(その割に「いいね」が来なかったのでコンテンツがわるかったのでしょう)。

まあ記事の内容が「アッカーマン関数」というなんとも需要などなさそうな内容でしたので、その割には見てくれたかなと思います。

>>>「アッカーマン関数」の記事はこちら


スポンサードリンク

何が言いたいかっていうと

SNSの威力の絶大さを示して何が言いたいかというと、こういうのを駆使してSEO対策をしっかりすれば、もっと集客できて、広告収入も得られるようになるますよねって話。

簡単な話ではないですが、実際にブロガーと呼ばれ、自分が発信したいことだけ文章化し、それで飯食っている人もいるわけです。

要するに、SNSのおかげで個人個人の力量が大きくなり、簡単にセルフプロモーションができるということです。

実際に音楽事務所に雇われなくてもyoutubeにカバー動画載せて、人気が出るようになって、オリジナルソングも投稿して、自分でライブまでするようになったyoutuberもいます。

もう広告会社を使わなくても、簡単に自分が宣伝できるし、音楽の話で言えば、おっきなレコード会社に所属しなくても、CDとして販売せずとも、自分の楽曲や歌声を世に広めることだってできます。それで飯食っている人もいるわけです。

いや、まぁ簡単な話ではないですけど、僕が一番言いたいのは、「これからそういう人(個人事業という形で自分の好きなことをして生きていく人)は増えていき、ライフワークの選択がより多様になる」ということです。

  • 「会社員やりながらyoutuber」,
  • 「在宅エンジニアやりながら予備校講師」
  • 「居酒屋で働きながら、ブロガー」
  • 「研究職やりながらブロガー」

とか個人が一つの場所に所属し富を得る人はおそらく少なくなってくると思います(ここで言う富はお金だけではありません。時間や、好きなことができることによる幸福感もそうでしょう)。IT革命の醍醐味は場所の制約が取り払われたことですし、何より、人口減少する日本がGDPを増やすにはその利点を活用し、個人個人がフレキシブルに働く必要があるでしょう。

SNSの力の絶大さは国や社会における、個人の力を増大させてくれるものです。今回はそれをひしひしと感じ、これからそれが加速する世の中なんだなーって思うと、色々と頭に浮かんだので、それを綴ってみました。



スポンサードリンク

記事が役に立ったらシェア!